専業主婦OKのカードローンで50万を本当に内緒で借りられるか?

専業主婦OKのカードローン

いろいろな事情があるにせよ、旦那には内緒で50万円も借入するというのは簡単なことではナイ。主婦であってもパートやバイトで少しでも収入がある人であればこれは簡単なコト。ところが無職の主婦がキャッシングするとなると、もの凄くハードルが上がっちゃう。さらに内緒でお金借りたいって?! 今回はそんな超難題に思える専業主婦の借入に関する巷で噂のウソとホントを検証しながらカードローンで50万円借入までの流れを解説しているよ。 プレっち

専業主婦でも借りられるカードローンの限度額

そもそも無職で収入のない専業主婦にお金を貸してくれるカードローンはあるのか?それをまとめたのが以下の表になる。
カードローン業者名最高借入限度額
ソニー銀行 カードローン50万円まで
静岡銀行カードローンセレカ50万円まで
スルガ銀行 リザーブドプラン明記なし※1
東京スター銀行スターカードローン明記なし※1
セブン銀行カードローン50万円まで
クレディセゾン マネーカード明記なし※1
セディナカードローン明記なし※1
※1 原則的に専業主婦だからといって枠の上限を設けてはいない。実際には業者の融資額の範囲が適用される。 確認してもらうと分かるけど、借り入れの可能性があるのはほとんど銀行のカードローンとなっていることに気が付いただろうか?アコムやアイフルといった即日に借りられるイメージのある消費者金融からは残念ながら専業主婦は借入ができない。 それには貸金業法の総量規制というのがあって業者側にとって色々面倒で手間がかかるんだ。それでいて大きな金額を貸すわけにはいかないから当然利益も少ない。もし万が一総量規制破れば国から怒られるので専業主婦への融資に積極的じゃない。だから目当ての消費者金融からお金借りたいと思ってもこればかりはどうにもならない。同じ貸金業者であるクレディセゾンやセディナはそれでも融資する価値があると踏んで貸しつけをしているのだろう。 もう1度表を確認してもらいたい。銀行カードローンでも借りられるカードローンの限度額に違いがあるのが分かるだろうか?明確に限度額の上限を表示してあるものもあれば、曖昧なものもあるんだ。審査に通って希望額が承認されても、絶対50万円じゃなきゃダメだという場合は、30万円までしか融資が認められない「みずほ銀行」は対象外になる。 ↓↓↓↓↓50万円の返済額が知りたい人はこちらの記事↓↓↓↓↓ カードローンから50万円以下で借りたら返済はいくらか悩む女性 カードローンで50万円のお金を借りると返済額はいくら?

専業主婦の借入は旦那さんの収入で査定される

せっかく融資限度額50万円が見込める銀行に申し込んでも承認されない場合がある。なぜ収入のない専業主婦の人でも借入が出来るのかといえば、配偶者である旦那さんという後ろ盾があるからだ。 だからこの銀行カードローンの審査は、あなたの審査ではなく実際には旦那さんの収入にたいして審査が行われる。だからもしすでに旦那さんが多額の借入をしているなら、50万円は承認されない可能性が高くなる。また年収が極端に低い場合も当然、承認されない。 カード申し込みではいくつか審査に提出しなければならないものがある。収入証明書もその1つ。たださほど大きな金額の借入でない限り収入証明書の提出が義務付けられていない。また旦那さんの同意書も必要としないケースが多い。本人確認も旦那さんではなく、専業主婦であるアナタに直接される。だから内緒で借入ができるという話がネット上では見受けられる。本当にそうなのだろうか? 専業主婦の借入に関する巷で噂のウソの1つが、「住宅ローンの審査でカードローンが旦那にバレる」というもの。住宅ローンの借入先として選んだ銀行はあなたの借入を把握しているハズ。でもそれをわざわざ旦那さんに「奥さんの借入が問題でうちは貸せませんよ!」と言うことはない。なのでこの噂はウソになる。
ここまでのまとめ
  • 専業主婦は消費者金融からは借入ができない
  • 審査の査定はあくまでも旦那さんの収入